ウォーム歯車の強度計算ソフトの概要

ウォーム歯車の強度計算は、一般的によく使用されるのが「BSS」や「AGMA」規格です。用途に応じて使い分けられています が、動力伝達用としては「BSS」規格がよく使われます。「WormCalc」は、弊社の経験を基に「BSS」規格に準拠して作成致しました。 近年、潤滑油やホィール材料に高性能な製品が出てきており、「BSS」規格が提供している摩擦係数や面圧係数では対応できない部分 を「WormCalc」では対応しております。実際の性能テストに合致でするよう柔軟な強度計算が可能です。また、周囲温度の高いところでの使用や温度上昇値を制限した熱定格容量の計算他、バックラッシ、歯筋クラウニング、軸受け 及び軸強度が計算できるウォーム減速機を設計する為の総合強度計算ソフトです。

入力フォーム

◆データ入力フォーム

◆計算項目

BS歯車強度計算フォーム

◆ウォーム歯車の疲れと曲げ強度計算

熱定格容量の計算フォーム

◆熱定格容量の計算

軸受け及び軸の強度計算フォーム

◆軸受け及び軸の強度計算

歯車強度を計算した後に、入力フォームに戻り「OHL」をクリックすると 軸受け及び軸の強度計算(OHL)フォームが表示され軸受けと軸の強度を計算することができます。

BS規格のバックラッシ計算

◆バックラッシ計算

BS規格に定められた計算により指定の等級のバックラッシを計算することができます。

歯筋クラウニングの計算

◆歯筋クラウニングの計算

ウォームホィール、ウォーム軸の歯筋クラウニング歯車諸元の計算ができます。 クラウニングは、加工誤差や組み立て誤差による歯当り不良を防ぐための手段です。外径の大きなホブで歯筋両端に隙間ができるように する方法もありますが、歯車諸元で行うほうがより正確なウォーム歯車を製作することができます。

三針寸法の計算

◆ウォーム軸の三針寸法を計算

ウォームの三針寸法を計算します。手持ちのピン径を入力して再計算することができます。バージョン3.5.0より追加されました。